2008.11.05 Wednesday

チラリズミカーリング 〜漢ゴコロそそるのか?




10月末日の発売の雑誌に
チラリズムかつ地味に
我が家のリビングが掲載されております


その名も、、、、



マイルーム改造 男の基本
1冊まるごとカスタムルーム08秋冬



て、取材時に、ライターさんが、
「編集部で女性向けの方と今回の男性向けのどちらに掲載しようか相談の結果、こちらになりました。」と。

漢ゴコロそそるのか?
ちがうな。
女性らしさに欠けるのか。
そいえば、アタイ、男性向けのインテリア雑誌の方がそそること多しだ。
同じく福生好きのライターさんと話があって楽しかった。

写真左上にいるのは、男子部製作の粘土パンダ。

 
0

    2008.06.18 Wednesday

    チラリズミカーリング





    チラリズムかつ地味に
    我が家が掲載されております


    Room Design+ 模様替え応援号―
    マイルーム&マイショップのスタイルMAGAZINE







     
    0

      2007.09.19 Wednesday

      床とかもろもろ、回答編。




      前回に引き続き、きれいな体になるために、
      今までいただいた質問全部さらにします
      ってなわけで、さらっと家ネタ更新です。




      ●床
      床の素材はヒノキです。
      ちなみに板壁は杉です。

      最初は、無垢だったら、何でもいいと思っておりましたが、
      工務店さんが安いルートを持っていたので、
      ヒノキでお願いしました

      塗装はダークブラウン。
      昔のコーヒー屋さんのように、コーヒーの残りで
      床磨きがしたかったので、
      ツルツルの塗装はしておりません。

      ワックスは入居してから一度もかけていません。
      コーヒーのみです

      最初はハゲハゲになってもかっこいいかな?
      って思ってたのですが、
      最近は、年月とともに黒光りしていくのもいいなぁと
      思って、
      ミツロウとエゴマ油の、昔ながらで、しかも色つきのワックスを
      近々かけてみようと思っております





      予算上、1Fだけ無垢にしてもらったので、
      階段からは合板のフローリングです。
      だからこんなんになっておりやす。
      意外に気にならないです。
      というか、気にしないことにしております。
      我が家にバブルがきたら、気になるかもです。

      でも、ホントに無垢は気持ちイイので
      借金増やしてでも、全部無垢にする価値はあったなぁと、
      住んでからは思っとりやす。

      今、もし、迷ってる人がいたら、思い切っちゃえ!
      他を削って無垢にする価値はあるぜって
      背中を押したいくらいにオススメです。
      夏も短パンでゴロゴロしてても、
      汗でペトペとしないんだよ〜


      いづれ、DIYで、子供部屋だけ
      無垢にしよっかなぁと、こっそり考えております




      ●ビリヤード台について

      もともと、欲しいと思ってたダイニングテーブルが
      15万以上したので、いまいち買いそびれていて、
      もっと安くてオモシロイのないか〜〜って
      探してるうちに思いついたのがビリヤード台。

      ビリヤード台は骨董屋で3万円くらいで購入しました
      これは、出会ったのがラッキーだったと思います

      大きさは、W150cmくらいです。
      5人家族くらいのダイニングテーブルと
      同じくらいだと思います。

      ビリヤード台より1〜2CM大きいガラス天板を
      ネットで探した、オーダーのガラス屋さんに作ってもらって、
      ダイニングテーブルとして使ってます
      特注ガラスですが、送料込みで28000円くらいで作れたと思います

      でも、正規ビリヤード代のの2/3くらいのサイズなので、
      これで慣れちゃうと、ビリヤード場いくと、
      なんだか下手になってます
      といっても、慣れるほど実際はしておりませぬ。


      ●リビングドアをつけずしてオープンにしとりやすが、
      冬、意外に寒くないです。

      我が家も、覚悟してたのですが、
      意外なことに、冬は平気でした。
      むしろ、1階を暖めると、2階も暖かくなってるので、
      逆に、お釣りがきたくらいに感じます。
      これは多分、現在の住宅性能だと思いますが、
      すきま風がなければ問題ないのかも。




      たこしゃぶの鍋は、ルクルーゼのスープポット
      (26cmだったと思う)、色はDUNE(デューン)です
      引越してから、ダイニングでなべを囲むときは、
      カセットコンロをやめてIHにしたので、
      今までの土鍋が使えなくなり、
      土鍋をバーべ用にして、新たにコレを購入しました。

      ルクルーゼは、IHにむいてるし、
      もちろん直火でも使えるし、大きさもあるので、
      カレー、おでん、鍋のときは大活躍しております



      以上。回答編ですた。


      子供部屋は、まだえらい大惨事になっております
      どういう部屋にするかまだ決めてません
      とりあえず、現在4人で雑魚寝で、
      寝室にベッドを置けないので、
      ガイが一人で寝るようになるまで、当分お見せできる状態にならないと思いやす。

      かしこ?

      0

        2007.09.12 Wednesday

        照明




        その後、DIYが滞ったままなんですけど、
        質問をいくつかいただいとるんで、
        とりあえず家ネタ更新。


        アタイの書き方がわかりにくかったようで、
        照明についての質問をいくつかいただきましたので、
        まとめてさらっと紹介いたします

        が、記憶曖昧なのと、現行品が少ないため、
        アタイが買ったところで、在庫がなかったりしたりするもんで、
        お店を紹介することができません。
        値段もお店によっていろいろなので、、、
        というわけで、探している方がいらっしゃいましたら、
        ネットで検索してみてください





        ●チューリップランプ
        ネットのアンティークショップで購入。
        '70年代の昭和のチューリップランプ。
        ナショナル製だったと思います
        状態にも、店にもよりますが、ネットだと、
        4000円から8,000円くらいで入手できると思います。
        (2005年くらいでは)
        それ以上の額の場合は、ちょっと相場より高いかも?と。
        例えば、状態良好で、実店舗だと12000円くらいが多いかも。
        ヤフオクでもいろんな色のがぼちぼち出てるので、
        こまめにチェックしてれば、希望色に出会うと思います。

        傘で電球が隠れるので、白熱カラーの蛍光灯を使ってます


        ●後ろにボヤ〜っと写ってる、ダイニングのランプは
        '50のスプートニクライト、
        のレプリカ?リプロダクト?その類です。

        色はゴールドとクロームがあったっけか。
        あと、電球もスターバルブ?とかいう、
        もちっと派手なのもあります

        我が家は16灯をチョイスしました。
        他に8灯、10灯、18灯、24灯とか、
        本物にこだわらなければいろいろあります。

        24灯とかは平たいデザインなので、
        天井が低くてもいけると思います
        現在、類似商品がいろいろでてるので値段はいろいろです

        意外に明るいです。
        友人は、10畳の部屋で12灯だっけ?を1個で間に合ってるそうです

        我が家は16灯のうち、半分の8個は電球ゆるめてます
        電気代が気になって、、でです。



        ●タマネギ?にんにく?ランプ
        同じく'70年代の昭和の三菱製。
        これは骨董屋で4000円で購入しました。
        こちらは、輪の蛍光灯です
        で、結構明るいので本棚の前につけてます



        ●ダルトンのシーリングファン
        帆布のカラーが、
        紺と生成と白の3パターンあった気がします。
        ベースは、照明がついていない、プロペラだけで
        38000円くらいかな?
        これは、オプションでライティングキットを
        つけて、さらにプラス1万弱?
        あと、オプションでリモコンもあります

        これは取り付けが、素人だと危ないと思います
        我が家は、施主支給という形でつけてもらいました。
        重さもあるので、天井裏に補強をしてくれたそうです

        多分、電気屋さんに頼めば対応してくれると思います




        ●アルミシェード ペンダント
        ダルトン製品が置いてある雑貨屋さんには
        大抵あるような。。
        と、思って再度調べたら、ダルトンのとちょっと違った。
        ダルトンのを買ったと思ったけど、違ったかも。。。
        すみません。記憶曖昧です。
        カラーも豊富なはずでした
        赤と黒と白もあったと思います




        ●ATMOSペンダントライト
        寝室の照明。
        アンティークとかではないですが、
        現在も生産してるかはわからないです。
        乳白ガラスで、雰囲気いいです。

        寝室は若野桂のポスターがメインなんで、
        ちょいとスペーシーな感じを目指そうと。。。
        だけど実際は、布団敷き詰めて、
        4人で雑魚寝しております



        ●玄関の照明
        名称は知りません。
        昭和の街灯です
        2000円くらいで買えます
        これは白のランプを買って、
        真鍮色のペイントをしました。
        屋外に取付可能です。
        防水になってます

        施主支給という形で、
        取り付けてもらいました
        ヤフオクで探せば多分あると思います


        てなわけで、いい加減な情報で申し訳ございませんが、
        こんなん探してたわ〜という方は、ぜひぜひ
        参考にしてくださいまし
        やはり、わからなかったら またご連絡下さいまし
        こんな情報でもお役に立てば、これ、幸いでござります


        0

          2006.04.27 Thursday

          チラ魅せ。

          ご要望?(してねーって?)にお応えし、チラ魅せpart2!



          てか、まだ片付かなくて、チラ見せしかできん。
          つーか、これ以上片付ける気あるんか?
          てか、アタイは片付けてんのか?散らかしてんのか?すら
          わからなくなってきやした。
          コドモ部屋は別名ダンボール部屋。
          でもうれしい。
          小さいながらもアハンな我が家。
          引越して2週間が過ぎ、
          やっとガイが新しい保育園の登園時に泣かなくなって、
          ようやく新しい生活に慣れ気味?ってな
          ペケチキの嫁の方です。

          早くいっぱい写真撮りたいが、
          撮るたびに、まだ居場所の決まらない荷物くん達が
          写りこんでしまう。。
          でも、そこが我が家らしいではないか。
          うん。モノは言い様だ。

          そんなですが、レトロ照明もいっぱいつけて、
          前の家の倉庫でアタタメテおいた、場末のスナックっぽいスツールも
          やっと陽の目を浴び、
          念願だったビリヤード台も届きやした。
          (フルサイズはあきらめ、ガラス天板をのせてダイニングテーブルとして使ってます)

          新生活は今のところ快適です。
          なんせ、空気がホントに気持ちい。
          ジェットのサンポは朝露で緑の香りがしやす。
          うっかり仕事するの忘れちまう。

          起きてリビングにくると差し込む、
          コーヒーの麻袋越しの、やわらかい朝日も、
          毎朝の日課となった車での送り迎えも、
          晴れた日は富士山が拝めて気持ちいい。
          近所の人が、朝採れたての野菜を持ってきてくれるので、
          いつの間にか私のブランチは豪華になってるし、
          毎日アハンです。


          フルオープンのリビングの窓の向こうに、
          ジェットスペースとしてウッドデッキができやす。
          ガイがジェットとよく遊ぶようになったぞ。
          おかげでジェットのサンポも増えました。
          0

            2006.04.04 Tuesday

            借金大王♪エンガチョ寸前〜

            とどめを見舞うぜぃ
            貸した金返せよっ。
            貸した金返せよっ。
            貸した金返せよっ。
            おぅ。貸した金 はした金じゃねーぞ!

            トータスがずっと耳元で歌ってる気がしやす。
            ペケチキの嫁の方です。

            そーなんです。とうとう借金大王になっちまいました。
            先日、何とか金利が上がる4/1前に引渡しが完了。
            晴れて我が家となりやした
            さて、次の目標は繰り上げ返済じゃ。

            ところで、みんなに「家建てるのは大変だぞ〜」って
            脅された意味がやっとわかったさ。

            打ち合わせも楽しくって、え?もう打ち合わせするトコないの?
            もっとしたい!ってくらいだったのに、
            何が大変なんだろうって思ってたら、
            これだったのね。
            そう、それは書類関係。
            はぁ〜〜〜〜〜大変。
            役所は平日。銀行も平日。
            引越し準備のために私は仕事量を調整して、平日休みを作っていたのだが、
            契約やらは名義人本人(アキラ氏)が出頭、もとい出向かなければ
            ならぬ。

            家のほかに車やら、バイクやら保育園やらどんどん手続きがでてきて
            2時間かかる引越し先の役所と中野の役所もシュロをかかえて
            行ったりきたり。
            これ、普通に社員で働いてたらクビになるんじゃねーの?
            ってなくらい平日休みがふっとんだ。
            大変ってこのことだったのね。あー疲れた。

            そんなこんなでしたが、
            終わってみればいい思い出。
            アタイ、がんばったさ。
            アキラ、がんばったさ。
            ガイ、新しい保育園がんばれよ。
            シュロ、とりあえずデカくなれ。
            ジェット、そんなみんなを癒しておくれ。

            そんなこんなで無事に我が家となった建物。
            まだ外構やらピロピロやらはまだだけど、
            とってもうれしいので、ちょいと いやらしくチラ見せ。



            オールドアメリカンかつコーヒーな雰囲気できたかいや?
            こんなんじゃわかんねーか
            自分では予想以上の出来で昇天中。
            ホント、棟梁にはいい仕事してもらいやした。
            まだ未完のところもあるので、
            引越し後、落ち着いてからすこしずつアップしていきやす。
            まだガイも十分に完成を見てないからね。

            あはん
            0

              2006.01.30 Monday

              家のカタチ

              ルリ:「新しいオウチ、どんな家がいい?」
              ガイ:「ドラクエのおウチがいい!」

              ドラクエのお家とは、彼にとってはログハウスのことである。
              ごめんよ。ログハウスは断念したんだよ、ガイ君。
              大きくなったら自分で稼いで建ててね。

              ルリ:「ドラクエのおウチの次はどんなお家がいい?」
              ガイ:「ハイジのおウチ!」

              ごめんよ。ガイ君。
              だからログハウスは無理なんですよ。
              薪ストーブでチーズ溶かしたかったね。
              でもアラジンの石油ストーブでもかわいいでしょ?
              ロフトはつけてあげれるから、
              干草ベッド気分は味わおうね。

              ルリ:「ハイジの次はどんなお家がいい?」
              ガイ:「トトロのおウチ!」

              やっと現実味がでてきたよ。
              サツキとメイの家だったら、今の家の方が
              イメージ近いんだけどね。
              サツキ父の仕事部屋のイメージやね。
              あの赤い三角屋根の部分のね。


              誘導尋問成功?
              ガイの意見も取り入れたっぽく操作。

              そこで、ガイと一緒に家のイメージをレゴで模型?作り。

              ガイ:「お!いーねー。いーねー。いいじゃん!いいじゃん!」
              ルリ:「ね、かわいいよねー。こんなお家に住みたいねー」
              ガイ:「いーねー。いーねー」

              これは洗脳だろうか?
              まぁ、よしとしよう。


              こんな家にする予定っす。
              屋根は三角が一番三角である切妻に。
              玄関ドアはこれの白に。
              窓の格子は、後から自分でテキトーに作るつもり。
              ホントにレゴで作りたいなぁ。
              住宅用のレゴ、出ないっすかね。
              さて、どうなることやらっす。
              0

                2005.11.25 Friday

                米軍ハウス巡り 〜 福生

                昨日、保育園のママ友達に、
                「あれ?ガイママ、もう産まれた?」と
                声をかけられた
                ペケチキ・まだハラボテだっつーの!どういう意味じゃ〜!・ルリでございます。
                後ろから声をかけられたことだけが救いです。


                さてさて、久々のペケチキバーガー建築計画っす。
                家のイメージが決まってきたところで、
                外壁は?内装は?ってのを具体化していくため、
                福生に行ってみました。
                福生とは、横田基地のあるところ。
                この周辺には、米軍ハウスはじめ、50'sグッズを多く扱う雑貨屋、
                米軍払い下げ、ミッドセンチュリー、昭和レトロな家具屋などなど
                そそるお店がいっぱ〜いあります。
                ショップ見るだけでも参考になること間違いなし!
                内装だけでなく、家具のイメージも具体化してきました。



                これ、とある駐車場にあるオブジェです。
                こういうことやっちまうのがグッときちゃう






                米軍ハウスの写真いっぱい撮ったけど、
                ここでは載せれないかなってなワケで、
                イメージがわかない方は、福生を愛する方々が運営している
                こちらのサイトをご覧あれ。



                ついでにグッとくる掘り出し物を見つけたんで購入。
                コカコーラのアンティークハンガー。




                かなりデカイ。木製で重い。
                フックが王冠ってとこが茶目っ気たっぷり



                コーラのアンティークのグラス。
                現在、復刻ででてるけど、こちらは当時の未使用品。
                なんで、グラスにポッテリとした厚みがあり、しかも均一でない。
                なんと、各サイズ10個、計30個で5000円!
                かなりお買い得でした。


                空気が入ってるのわかるかしら?



                飾るモノや家具が決まったら、
                新居の外壁、内装もあっさりと迷わず決まりました。
                Kさんが「もっと迷っていいんだよ」と
                ビックリするほどサクサクと。


                …おいおいアップしていかなければ、忘れそう。。




                0

                  2005.09.18 Sunday

                  地盤調査終了〜〜

                  建築計画、全然更新してませんが、
                  間取りもちょこちょこ修正をいれつつようやく決定し、
                  役所の建築許可もおり、内装も進みつつってな進行具合。
                  この辺は後日アップしていこうっと。

                  そんな中、地盤調査が何気に終了しちゃったりして。
                  場所が海近なんで、どんくらい砂質なんだろうってとこだけ
                  気にはしてたんですけど、
                  徒歩20分くらい離れてるからそんなに深くまではサラサラではなく、
                  どうやら問題はナッシングです

                  まぁ、地盤調査っつっても、買う前に自分らで
                  ある程度調べていたので、あまり心配はしておりませんでした。

                  なぜなら、私ったら、小学生の頃に住んでいた古家で地盤沈下を
                  体験しております。
                  その恐怖ったら、、おっかねぇ〜よ〜〜〜
                  夜寝る度に、「明日の朝起きたら家が潰れてるんじゃないか」と
                  毎日心配で仕方なかったからね。
                  その傾き気味の家を引越した後に風のウワサで聞いたら、なんと、
                  家の下にぽっかり穴があいていたらしい。
                  どうやらその土地は、昔、炭鉱の街だったらしく、
                  その穴を埋めずに家が建っていたんですなぁ。
                  私の小学生の頃だから、約20年前。
                  20年前に築30年程の家。
                  今から50年前くらいに建てた家?
                  建築の基準やら審査やらなかったんですなぁ。
                  てか、昔その土地がどんなだったかって大事だね。マジで


                  まぁ、そんな体験を踏まえているし、
                  移住組なんで、地元の人の話もあまり聞けない我等。
                  素人ながらも、一応、
                  見知らぬ土地を決める前に確認しておいたこと


                  ・昔その土地がどんな状態だったか。

                   →たとえば、水に関する地名は避けました。
                    「川(河)」とか「池」とか「沼」とかの漢字がつく場合、
                    昔は川や沼だったところを埋め立てている土地が多いらしい。
                    そういう土地はやはり地盤が緩めだったり、
                    湿気が多かったりするようだ。


                  ・水害が過去にあったかどうか。
                   →過去に床上浸水があったかどうかは、確認しておきました
                    でも、この前の台風を見てると、確認しても危ういかもなぁ。
                    過去50年浸水がなかったところが床上浸水してたから。。
                    神奈川ったら川が多そうなんでちょいと心配。
                    直撃しないことを祈るだけである


                  ・あと、関東大震災の頃の建物(民家)が近所に残っているかどうか
                   →これはなんと、同じ町内に3軒ありました。
                    ちょいと地盤の安心材料のひとつ?
                  新興住宅地とかでなくて、昔から何世代も住んでいる人たちも
                    入り乱れてるので、古い建物もちょこちょこある地域です
                    そういう家は土地も結構広かったりするので、
                    ギチギチに建物も建てこんでなくてゆったりしてる。


                  あと、どこを気をつければいいかわからないのだが、
                  とりあえず、この地域の中古物件も見てたので、
                  床下の湿気の具合とかも確認できていたのだ。
                  こう考えると、新築で考えてる場合でも、
                  その地域の中古物件も見ておいたほうがいいかも!
                  ウチラがみた中古、近くの、「さんずいへん」のつく地域の中古物件も
                  2軒見ておりました。
                  やはりその土地は昔、沼だったみたいで、
                  1軒はカビくさい家(築10年程度)と、
                  もう1軒は床下に湿気対策の扇風機が入ってる家(築5年未満)がございやした
                  まぁ、基礎にお金がかかってれば問題ないのかもですが、
                  できれば基礎にお金かかんない方がいいよね。やっぱ


                  まぁ、この辺を気にして決めたことと、プラス地盤調査結果を信じて、
                  後は平穏に暮らせることを祈るしかございやせんなぁ。


                  ところで地盤調査。今ってしないと認可おりないのか?
                  メーカーとかだったら、ノルマになってるだろうけど。
                  我が家、工務店で立てるからプランに入っていないと思ってたら
                  標準で入ってた?つーか、工務店持ち?土地代に込み?
                  費用がそれなりにかかるだろうから頼めないかなぁとか考えてたから、
                  めっちゃうれしかったっす。


                  スウェーデン式なんたらとかいう地盤調査。
                  とりあえず、棟梁のK氏と一級建築士のS氏に説明してもらって、
                  納得できました。
                  大掛かりな基礎を追加でやってもらう必要はなさそうだ。
                  家に帰って、東京郊外での同じ方式の調査結果を調べてみたけど、
                  どうやらそこより遥かにしっかりした地盤のようだ。
                  まぁ、今の家よりは地震時には安心できることでしょう。。

                  今の家。古いだけあり、2回だと震度1が震度3くらいの恐怖を感じます
                  多分、しっかりした造りだとは思うんだけどね。
                  賃貸だけに自分らでシロアリとか調べてないから疑心暗鬼。
                  それでもナンダカンダ快適なんだけどね
                  0

                    2005.06.20 Monday

                    契約


                    いよいよ契約の日。
                    まず、つくなり、土地の説明。
                    んでもって、うちらの「建築条件付」に対する
                    質問。

                    先に言っておくと、もともと私達は、ログハウスをあきらめた時点で、
                    カタログやらから仕様とか、好みのものをチョイスしていくのではなく、
                    建築事務所のデザイナーとかに頼んで、ゼロからアイデアをだしあい、
                    一緒にオモシロく、既成概念にとらわれず、家を作りたいと考えていた。

                    だいたい、現在の我が家。4DKの間取りだけど、
                    実際に使っているのは、2DKくらい。あとはジェットスペースといった感じに
                    かなり無駄な使いかたしてる。

                    また、こじゃれたカフェより、純喫茶。
                    開放感あふれるさわやかな家より、
                    オモチャとか、趣味のモノがごちゃごちゃ散らかってるのが
                    似合うアメリカンなガレージの方が落ち着くっつーか好きなタイプ。

                    そんな我が家だからか、
                    あちこちのモデルハウス見てまわっても、
                    立派すぎっつーか、モダンすぎっつーか、白すぎっつーか、
                    まぶしすぎっつーか、身の丈に合わず、緊張するっつーか、
                    こんなきれいな家、ブルジョワすぎるわ。
                    スペインやら南欧の家とかも素敵だし憧れるんだが、
                    所詮アグラかいてダラダラと生活してる我が家。
                    やっぱちょっと背伸びしてない?ってな感がでてしまう。
                    いや、ホントに素敵なんだけど、ウチのキャラじゃないんだよね

                    せっかくのラジオフライヤーとかアメリカンな
                    レトロなオモチャがどことなく浮いちゃうじゃん。
                    今使ってる愛着のある家具が似合わないんだよね。
                    愛着のアル家具つっても、我が家の場合、
                    粗大ゴミで拾ってきたものや友人に戴いたものを
                    リメイクしたものばかりで
                    金かかった家具なんてないんだけど、
                    引越しとか模様替えのたびに二人でリメイクしながら使ってると、
                    愛着もひとしおで、手放せないんですよね。

                    散らかってるのが目立ちすぎるっつーか、
                    維持できな〜い!無理っ!てな、ダメ主婦なんですよね。
                    全然グッとくるものがなかった。

                    住宅だけでなく、店舗やレストランデザインとかそういうのも多く
                    手がける建築事務所とできればコラボリたかったのだ。

                    これは以前、「忍庭」とか「萬葉庭」とかの、
                    ロゴやら販促物やら手がけた時に思ったこと。
                    この店舗はダイニングバーで個室ブームのさきがけとなった
                    店舗なんだけど、これらを立ち上げる時にアキラと一緒に
                    お手伝いをさせてもらった。
                    店の真ん中に池を!とか滝を!とか、プロデューサーの
                    突拍子のないアイデアを柔軟に受け止め、
                    イメージを壊さず具体化できるのは
                    やはりそういった建築、設計事務所だろう。
                    そしてオープンしてみると、やはり今までにない内装、
                    テーマが評判となり、
                    どんどん店舗も増えていっている。
                    そこを手がけた建築家も今や業界では有名人である

                    実際にコスト面で結局、最初の標準通りの家になっても、
                    選んでそうなったなら
                    それで納得できるわけです
                    どちらかというと、形はオーソドックスで、雰囲気、内装の
                    素材とかに工夫したいタイプなので、
                    いろいろルートがあり、搬送でもコストがかからない、
                    後々ちょこちょこ話しにいけるような
                    地元業者と組みたかったんだけど。。

                    条件は、
                    こっちがアイデアをだして、頭ごなしに「それは無理」と言わないか。
                    無理な場合、「そしたらこういう方法もあるよ?」とか
                    柔軟に受け止めてくれる人かどうか。
                    だから、今回の場合、設計の人が一番気になるわけです。

                    んでもって、この土地に家を建てる会社の人(Kさん)が来てくれた。
                    んで、疑問をぶつける。
                    どうやら取り越し苦労だったようだ。
                    間取り、建坪の拡張が自由なのはもちろんであるが、
                    床材も無垢がよければ無垢にもできるし、
                    外壁もペイントでも漆喰でも板張りなんでもござれ。
                    例えば、床材もツルツルのフローリングをやめるなら、
                    その分を減額して、材料の超過分だけ上乗せってな感じになるらしい。
                    きちんと減額してやってくれるならいいや。
                    ホッと納得。
                    条件付の場合、もとの材料を減額せず、
                    その分負担させる業者があるらしいので、心配していたのだ

                    多分ウチラノ場合、コスト的にできることは限られるが、
                    工夫次第で近いものはできるかもしれない。

                    そんで、Kさんが会社?工務店?に案内してくれた。
                    そしたら、そこは購入予定の土地と目と鼻の先!
                    いい感じじゃないっすか。
                    そんで、設計を担当してくれる一級建築士のSさんも呼んで、
                    どういう家が建てたいか、ってのを細かく伝えた。

                    このSさんってのが、話の分かる人!
                    私達の家に対するイメージを「いいねぇ。面白いねぇ」と、
                    気に入ってくれて、
                    面白そうにあれこれ、コストがかからない方法なら…とかいいながら、
                    おお!なるほど!ってな提案もしてくれた。
                    これは期待できそう。
                    さらにKさんとSさんのタッグで手がけた家を見て廻らせてくれた。
                    地元の人で、近所にはKさんの手がけた家がたっぷりでビックリ。

                    そんなかには、棟梁泣かせっぽい、
                    難しそうな複雑なデザインの大きな家や、
                    モダンな事務所やオモチャみたいなオモシロい形の動物病院。
                    築20年以上も建ってるオーソドックスな豪邸もありちょいと安心。
                    なんと、地元のお寺まで!
                    これは、腕もよさそうだし、
                    材料だけでもいろんなルートをもってるなぁと期待できる。
                    Sさんがこんなオモシロい建物も設計できる人で、
                    そしてKさんがそれを実現できる人。
                    それが分かっただけで満足である

                    さらにそこに住んでる人も紹介してくれて、とても安心感が得られた。
                    このKさんという人物。何者かと思いきや、棟梁らしい。
                    棟梁自ら説明してくれるなんて、なんて素敵!
                    以前は大手のメーカーにもいたが、
                    大手のやり方に疑問を感じ、
                    年に3件くらいだけを、メーカーの営業を介してではなく、
                    ちゃんと最後まで直接施主と相談しながら
                    じっくり手がけたいということで、今の会社に移ったらしい。
                    私の見た家の施主は、Kさん指名でその会社にお願いしたんだって。
                    確かにワンクッションはさむより、直接クライアントと話したほうが
                    話も早いし、細かなニュアンスも伝わる。
                    それはウチラの仕事でも同じことだ。

                    んで、現在建築中の家も見せてもらい、
                    ホントに安心した。
                    実は、この建築中の家の施主は、ここから2分ほどのところに
                    永年住んでいる地元の人で、この方もKさんご指名で契約したらしい。
                    地元の人に信頼されてるって素敵。ってか安心。
                    てか、Kさんと一緒に車に乗ってると、
                    いろんな人が声をかけてくるんだよね。
                    どんだけ地元に密着してるかわかるね
                    下手な仕事してたら、こんなに人望があるわけがない。

                    聞きにくいことだったけど、納得いくまで質問して
                    本当によかった。
                    これで納得できなかったとしても、人のせいにしないで済みそうだ。

                    ってことで、Nさんのところに戻って契約。
                    ここでNさんとはしばらくお別れである。
                    本当にいい営業さんでした。
                    何十件見せてもらっただろう。。
                    毎週、何時間も運転して、メンドクサイ私の質問もホントに親切に
                    答えてくれた。
                    家が建っても時々挨拶に顔をだしたい、
                    人に紹介したい、TBSの安住アナにそっくりな不動産屋さんである。
                    うちらはこっそり「アズミっち」と呼んでたりした。
                    アリガトゥ!アズミっち!
                    0

                      | 1/2PAGES | >>



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories



                      うちで使ってるのってこれ

                       


                      recent comment




                      archives

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM